カラオケが苦痛に感じる人のためのサイト

>

知って得する!歌が上手い人の特徴

歌を上手く歌うときの最低限の条件

歌をうまく歌うための最低限の条件は3つあります。
一つ目はピッチが正確なこと。
ピッチとは音程のことで本来は音と音の間隔のことを指します。
正確にピッチがとれないと曲を聴いたときに違和感を感じます。
歌っているほうも聞いているほうも音程のずれは感じやすく、うまくピッチがとれない歌うことが苦痛になってゆきます。
二つ目はリズムが正確なこと。
リズムがとても速い曲や、逆にとても遅い曲でうまくリズムにのれないと、曲全体が平べったい感じになってしまいます。
三つめは声量が大きいこと。
声が小さいと、歌声が聴こえず上手い下手以前の問題です。
多くの人は「自信がなくて声が小さいのかな?」
と思うことでしょう。
逆に言うと、多少下手でも声量があればカバーできてしまうのです。

条件を満たすコツ

次に、先ほど確認した条件を満たすためのコツを見ていきたいと思います。
まず、音程を正確にとるためには自分が出せる音域の広さを知ることが大事です。
歌いたい曲と自分の持つ音域が一致していないと正確な音程では歌えません。
また、自分の歌声を録音して曲と聞き比べることでどこがはずれているかが分かります。
次に、リズムですが、一曲の中で複雑に変化していくものよりも、変化せずなるべく単純な曲を選びましょう。
最後に、声量を上げる方法です。
喉だけで歌うと声の大きさも小さく、声帯も痛めてしまいます。
そうならないためにも、カラオケでは立って歌うことをお勧めします。
立つことで踏ん張れるため安定して声が出せます。
また、肩をまわしたりすることで筋肉がほぐれ肺にたくさんの空気を入れることができます。
腹式呼吸もおなかから声を出すうえで大切になってきます。


この記事をシェアする
TOPへ戻る